269486

  • セックスの際に早くイきすぎてしまう・・・
  • 彼女が満足しているのか心配・・・
  • 感度が良すぎるのが悩み・・・

こんな早漏の悩みありますよね。

何とかして勃起を持続させたいと思っても身体は言うことは聞いてくれない・・
そこで、今回は早漏対策として持続力をアップさせるための4つの方法を紹介します。

早漏で持続力不足に悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

無のイメージのイメトレをする

まずは、自分のイメージトレーニングによって早漏を改善する方法です。
この方法は正直、かなりの精神力を必要とします。

やり方としては挿入中に頭の中を空っぽにして、とにかく無心になることです。
何も考えずに無になることによって極力感度を下げ、射精感を押さえ込みます。
悟りを開くイメージですね。

このとき、別のことを考えるという方法もありますが、
これだと気を抜くと逆に萎えてしまって中折れしてしまうリスクも高まるので、
できるだけ無のイメージを持ち続けるのがベターです。

この方法は事前に準備するものなどが何もいらないので、
実践しようと思うといつでも手軽にできるのですが実際にやろうと思うと恐ろしく精神力を使います。
普段からトレーニングも必要で、一朝一夕で身につくものではありません。

厚手のコンドームを利用する

次にお手軽な方法として、厚手のコンドームを利用するという方法があります。
厚さのあるコンドームを使うことで亀頭や陰茎の感度を下げ、持続力をアップさせるというものですね。

最近はサガミの0.03など薄さを売りにしたコンドームが主流ですが、
やはり早漏防止の用途で使うニーズもあるのか、厚手のものも探せばけっこう出てきます。

このコンドームをはじめ、大体暑さを売りにしているものは0.1mのものが多いようですね。
サガミの0.03mmから比べると3倍以上厚いことになります。

ただし、厚さのせいで感度が落ちすぎてしまうのには要注意。
ロングプレイが目的だったのに、

萎えてしまった・・・
中折れしてしまった・・

なんてことになりかねません。
色々な厚さのコンドームを実際に試していくことで自分に合った厚さを見つけることが大事ですね。

早漏防止クリームを塗る

3番目の方法は、早漏防止クリームを塗るという方法です。
早漏防止クリームのメカニズムとしては、
亀頭に局所麻酔のような作用を与え感度を鈍らせるというものです。

薬局などで見かけることは少ないですが、ネットなどではよく売れられています。
価格としては数千円程度です。
例えばこんな感じのものですね。⇒早漏防止スプレー

また、こういった早漏防止目的のクリームやスプレーではなく、
接着剤のアロンアルファを亀頭に塗って同じような作用を得ることができるという情報もネットにあったりします。

確かに、亀頭の感度を鈍らすような作用はあるかもしれませんが、
あくまで接着剤なのでリスクは高いです。
もし、誤って尿道部分にアロンアルファが付着した場合などは非常に危険。

間違っても真似しないようにしましょう。
尿道が接着剤でふさがれてしまう・・なんてことになれば悲惨です。。

クリニックでの早漏防止治療

これまで紹介した3つの方法で満足できない場合、
クリニックで早漏防止治療を受ける方法があります。

クリニックでの早漏防止治療の具体的な方法としては、
フィラー剤を亀頭の表面を覆うように注入することで、亀頭を強い刺激から守るというものです。

この方法は上の3つの方法と比べて、
より確実により簡単に持続力を伸ばすことが可能です。

費用に関しても安いもので40000円~できるクリニックもあり、それほどハードルは高くありませんが、
信頼できるクリニックを見極めることは大事です。

やるのであれば、できるだけ信頼のできるところでやりたいですよね。

信頼できるクリニックの特徴として、

  • ある程度知名度のあるクリニック
  • 早漏防止治療のしっかりとした実績のあるクリニック
  • 全国に病院を持っているクリニック

こういったところをチェックしていくことがポイントです。