80年代生まれのメンズが人に言えない悩みをぶちまけるブログ。

俺コン|俺のコンプレックスを赤裸々に。

男の下半身の悩み

アルギニンは精力増強のためには欠かせない!効能とよくある誤解とは?

投稿日:

013492

精力剤やEDサプリメントの裏面やパッケージ、
成分表示を見てみると必ずといっていいほど表示されているアルギニン

よく見かけるけどどういった成分かよく分からないといった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はこのアルギニンについて期待される効能や副作用なんかについてもしっかりと紹介していこうと思います。
少々長くなってしまいましたが、気になるところだけのつまみ読みだけでもしていってくださいね。

アルギニンとはそもそも何か?

アルギニンとは必須アミノ酸の一つで、
体内のたんぱく質を作る際に使われるものです。

ビタミン、ミネラルと並んで体内の3大栄養素といわれています。

亜鉛やマカなどと何が違うの?

亜鉛マカ、アルギニンなど精力剤に含まれる成分を混同している方が多いのですが、
そもそも亜鉛やアルギニンは栄養成分であり、
マカやトンカットアリ、クラチャイダムといったものは天然の植物です。

図にすると分かりやすいのですがそもそも成分と植物でカテゴリーが全く違うものなので、
同列に見ること自体がおかしいのです。
マカやトンカットアリ、クラチャイダムにも多くのアルギニンが含まれているために、
精力増強が期待できるものとして人気が高いのです。

しかし、精力剤には同じように書かれていることが多いので、
混同してしまっている方も多いようです。

アルギニンの精力剤として期待される効能とは

男性機能を高めるブースター的存在

アルギニンは上でも書いたとおりたんぱく質の基となっている成分です。
たんぱく質といえば、筋肉などが代表的ですが、例えば精子もたんぱく質でできています。
精子の製造能力が高ければそれだけ精力も強化されるので、アルギニンは精力増強のエース的成分として扱われています。
まさに、男性に活力を与えるブースター的な役割を果たしているのです。

余談ですが、精子の量が増えればそれだけ射精時の快感もアップします。
逆に最近射精してもあまり気持ちよくなくなった・・という方は精子の量が減っている証拠です。
つまり、精力も減退してきているサインなので注意が必要ですよ。

勃起を促すNOを発生させる

また、アルギニンは精力増強して元気を与えるだけでなく、
勃起自体を促進させるような働きもあります。
それはアルギニンが血管内にNO(一酸化窒素)を発生させる作用があるためで、
血管内にNOが増えると血管が拡張されます。

勃起は陰茎の毛細血管に血液が入って膨張する減少なので、
NOが増えることで陰茎内に流入する血液量も多くなります。

結果的に勃起力もアップするというわけです。

アルギニンを取りすぎて副作用ってあるの?

アルギニンは食品からも摂取できますし、現在医療や食品などあらゆる分野でも使用されており、今まで摂取のしすぎによる副作用などの報告はされていません。
また、体内に蓄積されることもありません。
(⇒参考:厚生労働省 アルギニン – 食品安全委員会

しかし、やはり取りすぎによって何らかの体の不調が出てくることは考えられます。
具体的な症状としては下痢などがあるようです。

一日の摂取量が5gを超えるとこういった症状がでやすくなるようです。
また、その10倍の量を肝臓や腎臓の機能が低下している方が摂取すると命の危険にさらされる可能性もあるようです。
(⇒参考:サプリメント大学|アルギニンの副作用
これは、腎臓と肝臓がアルギニンを分解するためで、あまりにアルギニンの摂取量が増えるとこれらの臓器の処理能力を超えてしまうためです。

一日に50gのような非常識な量を普段の食事で摂取することも、
サプリメントなどに配合されていることもまずありませんのであくまでも理論上はというお話です。

男性機能を高めるアルギニンを多く含んだ食材

アルギニンは普段の食事から摂取できます。
特にアルギニン量が多い食材としては、たんぱく質が豊富な肉類やナッツ、
魚介類、乳製品、大豆製品などです。

以前の記事で精力増強に良い食べ物について紹介したものがるので、
そちらも参考にしてください。
⇒精力増強に良い食べ物ランキング

食事で摂るのだけでは不十分?実は意外と不足しがちなアルギニン

上に上げた食材だけ見るとアルギニンを普段の食事で摂取するのは簡単なようにも思えますが、
実はそうではありません。

現に現代人はたんぱく質の摂取量が推奨される量よりも少なくなっているというデータがあります。

食文化の西洋化、外食やコンビニ弁当の普及によって脂質の摂取量は過剰になりましたが、
たんぱく質の量は減ってしまっており普段の生活の中でしっかりとアルギニンを摂るのは難しいんです。
kose
⇒Ⅲ栄養指導 – 厚生労働省

また、アルギニンはビタミンB群と一緒に摂らないと体内へ吸収される量が減ってしまうため、
ビタミンB群も一緒に摂る必要があるのです。
こういった事情もあって、やはり効果的にアルギニンを体内に取り入れるためにはサプリメントの存在は欠かせません。

アルギニンを効果的に摂取できるEDサプリメント

身近な栄養成分なのに意外と不足しがちで食事からの摂取は難しいアルギニン。
しかもアルギニンの吸収を上げるためにビタミンB群などもしっかり摂る必要があります。

そのほかアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった栄養成分をバランスよく配合した、
精力増強のためにつくられたものであれば男性にとっては非常にありがたいですね。

そいったこともきちんと考えられたアルギニン配合サプリメンを選ぶのが理想的ですね。

 

 

関連記事

50歳代で勃起しない3つの原因とは?ストレスや病気、老化に対抗

50歳と言えば、働き盛りのピークを過ぎて心身共に初老の段階へと進んでいきます。 男性ホルモンは年齢を重ねるに連れて、どんどん減少してくので、この年代で勃起障害になる方も多いですね。 また、高血圧や糖尿 …

精子の運動率を上げる
日常生活で実践できる精液の運動率を上げるための4つの方法

不妊治療に悩んでいる方は非常に多いです。 私の周りでも何人かおられますが、 特に奥さんが旦那の不妊治療へのやる気の無さにうんざりしているケースが多いんですよね^^; 男性不妊の検査へ産婦人科へいくのに …

インポ 質問
インポや勃起障害に関するQ&A

どうも!こんにちは。 ここでは、過去に当サイトに寄せられたインポや勃起障害に関する疑問や質問に答えて、 Q&A形式にしてまとめたみました。 誰にもいえない男の下半身の悩み。。 誰にも言えずに自 …

歳をとるとEDが起きやすくなる理由|体の老化と男性ホルモンの減少

最近20代、30代の若年層の勃起障害が増えていますが、 若年層の勃起障害になる原因の多くは、心因性によるものや、酸化ストレスの高まりによるものです。 それに対して、40代、50代、60代、70代の高齢 …

妻だけED|妻だけに勃起しない心因性のED

心因性EDを原因別に紹介していますが、 今回は「妻にだけは反応しないんだよね・・・」

-男の下半身の悩み

Copyright© 俺コン|俺のコンプレックスを赤裸々に。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.