コンドームED

「コンドーム着けると調子悪いんだよな〜」

「ゴムつけると、萎えちゃうんだけど・・・」

こういったことが多いな〜とあなたは感じていませんか?

今まで何となくそう感じていたなら、
コンドームEDになってしまっている可能性があります。

コンドームEDとは、コンドームを着けなければ普通通りに勃起ができるのに、
コンドームを装着すると、勃起の維持が難しくなってしまうことです。

なぜコンドームEDになってしまうのか?

コンドームEDになってしまう原因としては、

  1. コンドームによって感度が鈍る
  2. 以前コンドームを着けて萎えてしまった経験がある

この2つが考えられます。

コンドームによって感度が鈍る

まず、コンドームによって感度が鈍るというところですが、
日本のコンドームは薄くて丈夫で、品質は世界最高水準だと言われています。

多少なりとも感度が鈍るといっても、
それだけの原因で萎えてしまうはちょっと考えにくいです。
(もちろん、実際に感度は落ちますが・・・。)

よって、自分では分からなくても、
今から紹介する2番の理由でコンドームEDになっている人が非常に多いようです。

以前コンドームを着けて萎えてしまった経験がある

コンドームを装着して、または装着しようとして、
以前に萎えてしまった経験がある人は、

「また、コンドームを着けると勃起できなくなるんじゃないか・・・」

と、無意識にストレスやプレッシャーを感じてしまい、
勃起がしにくくなる場合があります。
これは、心因性のEDの症状です。

コンドームEDの改善法は?

「コンドームをつけると、勃たなくなるから」といって、
避妊をしないのは問題があります。

臨まない妊娠は誰もを不幸にするからですね。

そこで、コンドームEDを克服するおすすめの改善法として、

  • より薄い使用感の少ないコンドームを使用する。
  • コンドームの装着を素早くできるようにする。

などがあります。

より薄い使用観の少ないコンドームとしては、
サガミオリジナルやオカモトの0.02mmのものがおすすめです。
アマゾンなどでまとめ買いすると大分安く購入できますよ^^

これが今の所最薄で、使用感は非常に少ないはずです。

また、コンドームを装着するのに手間取って、
その間に萎えてしまうという人もいます。

知っているようで以外に知らないコンドームの正しい付け方

そして意外に多い コンドームEDの要因として、

コンドームの付け方が下手
っていうのも考えられます。

コンドームは慣れれば数秒できちんと着けられるものなので、
素早く装着できる練習をしておくと随分違いますよ^^

このゴムを付ける時間が遅くて、もたもたしてると、いい感じだったムードも一気に冷めてしまうことにもなりかねません。
自分はまだ大丈夫でも、さっきまでせっかく濡れていた彼女の方がもうカラカラに乾いてしまっていることもあり得ます。

このコンドームの付け方って意外と軽視されがちなんですが、
このセックスのムードを保つためにも重要なセックステクニックだったり
するんですよ。

コンドームを素早くうまくつけるコツ

簡単3ステップを紹介します。

  1. 袋から素早く出す。
  2. ふっと吹いて裏っ返しにする。→※ここがポイントです。
  3. 精液が溜まる先端をつまんでかぶせる。

と、いう感じですね。
なんか文字で書くとあんまり伝わりにくいので、人気AV女優の麻美ゆまちゃんが詳しく解説してくれている動画を紹介します^^;

ゴムをつける間に萎えてしまう、という人はこのゴムの正しい付け方をまずは会得して下さい
そうすることで、セックスに対しても余裕ができ、自信を持って挿入まで良い流れで持っていけますよ。

コンドームのEDだと思っていたら・・あなた自身の精力や元気が減退している可能性も

なるべく薄いコンドームを使って感度を良くし、
コンドームをスマートに装着する方法を身につけてももしうまくいかなかったら・・・

それはあなたの精力が衰えている可能性が高いです。
精力とは、男としての活力や勃起力などおおきなくくりで男性としての元気のことを指します。

この衰えた精力を復活させるためには、
若い方と中高年の方では改善のアプローチの仕方が変わってくるので、

これを参考にしてみてください。